ガソリン代を安くする方法 | ガソリンって、今いくら?

044■いまガソリンっていくらするの?これ高いの安いの?

車に乗る人が一番気になるのがガソリン価格ですよね。

2014年6月22日のガソリン価格は、全国平均で1リットル167円。

普段車に乗らない人は、これが高いものか安いものかわからないと思いいますが、車に乗る人ならこれがどれだけ高いのか分かるはず。

この167円という価格は、5年9ヶ月ぶりの高値なのだそうです。

原因は世界情勢の変化によるのもです。もっと具体的に言うとウクライナ情報が悪くなっているからとのこと。

これから夏休みを迎え、我が家もレンタカーを借りてキャンプに行く予定があるのですが、それまでにガソリン価格が下がってくれれば・・・と願うばかりです。

さて、願ってばかりでは、他力本願ということで、現実的にガソリン代を下げる方法をご紹介します。

朝のテレビ番組でめざましテレビっていうのがあるのですが、それでやってた方法も加えています。

ガソリン代を節約するには、3つの方法があります。

1.ガソリンを入れる量を小刻みに入れる。
2.プリペイドカードやガソリンカードで入れる。
3.なるべく車に乗らない。

0421のガソリンを小刻みに入れるというのは、満タンに入れてしまうと、車が重たくなってしまうため、燃費が悪くなってしまうからです。

気になるのは、どれほど効果があるのか、というとですよね。目安をご紹介しますと、110kg重たくなると燃費は3.4%悪くなるのだそうです。

2のカードでガソリン代を支払う方法ですが、毎日車に乗る人は、これもバカにできない額になってしまいますので、同じ支払いをするのであれば、現金よりも必ずガソリンクレジットカードなどで支払うようにしましょう。

ガソリンクレジットカードの場合ならば、小銭を用意しなくても良いというだけでなく、ポイントがついたり、割引されたりとお得なことばかりで損することは何もありません。

3の車に乗らないというのは、一番確実にガソリン代を節約する方法ですが、お仕事で車をお使いになる人は難しいと思いますので、1と2を実行に移した方が良いでしょう。

ただ、1のガソリンを満タンに入れずに、ガソリン代を小刻みに入れるという方法は、ちょっと面倒だと考える人も多いと思います。

じつは、私もそうです。

また、あまり少なく入れると、もし、ガス欠になりそうになったときにガソリンスタンドがなければ、最悪の事態をまねきます。

トラブルにならないためにも、一番ガソリン代を安くする方法は2の、カードを使ってガソリンを支払う方法ではないでしょうか。

カードでサッと支払うのがかっこいいし、スマートで一番良いですね。